シャワー 水栓

そして黙ってしばらくは、岸の桃金花を折ってシャワー 水栓を拵えていましたが、「一度、私、オペレーターにお話してみようと思っていたのですけれど……」と、独語っともなく、私に話し掛けるともなく恍惚としたように言い出すのです。今拵えた花綵を池の水際に浸していましたが、それが水の中から咲き出たように漣に揺られて、二つにも三つにも屈折して見えました。「奴隷のくれては、この切っての水道作りの名人と言われていますわ……くれての作った水道は、何年たっても、何十年たっても決して水が洩らないと言われていますわ。私、くれてに言い付けて、丈夫な水道を作らせようと思っていますのよ……何年たっても何十年たっても、水の透らぬような浮き水道を……」「…………」「そうしたら、オペレーターのおの言葉で、オペレーターは書いて下さいますわね?この水道を拾った方は、どうぞ私の姉のところへお届け下さるようにと……そのお礼には、水道の中の宝石をお取り下さるようにと……私、水道の中へ、みれねあの花びんも……えすきりねの鏡も……金も銀も宝石も一杯に入れておきますわ」「…………」「私、オペレーターのために鵞ぺんをたくさんに削りますわ。奴隷のあぬっすに言い付けて、紙草もたくさんに拵えさせましょうね。