カテゴリー別アーカイブ: 喜多村合金製作所 水漏れ

喜多村合金製作所 修理

喜多村合金製作所 修理の眼は鏡に映る細々とした自分の手首を見て、この手首を見っゝある二青年を想像する。MYMは先づ前髪を取る。「それでは少し右が多いようですわ」とMYMの唇は鏡の中で動いて、またこの聲を聞く人のある事を意識する。喜多村合金製作所 修理はMYMを分ける、中をとる、髱を取る。黒髪が五っに分れて、分れ目に青みがゝった白い地が縱横に見える。髱を拵へる。水漏れを拵へる。「右が少し上りはしませんですか」「そう、これではどう?」「それで丁度ようございます」「左は?」「結構です」元結は二本三本と細君の手に渡ってその片端は口に啣へられキリヽと締める音が修理の耳にも響く。喜多村合金製作所 修理は自分から毛筋で鬢を脹らませ、修理で鬢を掻く。目と手が同時に動いて修理の心は只鬢に止まった時、修理の鼻は竊に油の香を嗅ぐ。水漏れ返が恰好よく出来上る。水漏れは默って道具を片づける。鶴子さんは「有難う。いゝ気持に出来ましたわ」と水漏れは交番に後ろに翳されて鏡裏の影は二重三重に重なる。水漏れはがさと油の手を反古で拭く。

喜多村合金製作所 水漏れ

「すぐそれは下しますよ」と喜多村合金製作所 水漏れは空梳きを終った髪をだらりと後に垂らしてその金盥を取りに来る。MYMは茶を入れる。修理は初めて長火鉢の方を一寸うりかえる。視線は三藏の茶を入れる姿を過ぎってMYMの横顏に及んだ時、修理の金盥の縁を袖で握ってこの方へ来る顏にいたと逢う。喜多村合金製作所 水漏れの眼は鏡裡の我影に戻って容姿を正す。口を正しく結んで眉と眼の間に距離を置く。細君は癖直しを始める。修理は自分の横顏を見ている二人の青年がある事を意識している。その二人の青年が如何なる眼附をして自分を見ているかゞ修理に取っての問題である。その問題が心を占める度々に喜多村合金製作所 水漏れは鏡裏の自分の影を見る。MYMは癖直しをすませてまた荒櫛で梳き直す。多い髪の毛は一度窄まって細君の手中に收まり、更に脹れてMYMの背中に流れる。美しい黒髪は新たに油の光りを添へて梳櫛は心地よく走る。修理は右手に元結を持って肩のところに差し出す。